心が望む人生をつくりだす目的志向の習慣

こんにちは、大塚寛子です。

「やりたい!」と思っていても、

ときどき感じてしまう弱音・・・

「忙しくて、時間がないので、・・・」

「今日は疲れた。明日にしよう・・・」

「・・・また今度」

気がつけば、時間はあっという間に過ぎていきます。

毎日をどう過ごすかが大事だとわかっていても・・・

ずるずる先延ばしてしまい、

1週間、1ヶ月、半年ということも・・・

私自身もよく先延ばしをしていました。

「習慣を変えるのは難しい!」

「習慣を変えるのは時間がかかる!」

とあきらめたことはありませんか?

実は、習慣は簡単に変えることができる!

早い人であれば、2週間で変わります。

あなたは「目的志向の習慣」をもっていますか?

「望むものに意識を向け、自分にとって大事なこと優先で行動する」

望む目的に意識が向くので、先延ばしをせずに、

どうすれば目的が達成できるのかを考えて行動します。

大事なことをおろそかにしてしまっていることもありません。

目的志向で、実は動いていると

「オキシトシン」が脳で分泌されます。

「幸せホルモン」とか「愛情ホルモン」とか呼ばれるものです。

ストレスに対する耐性が高く、病気にもかかりずらくなります。

目的志向がないなら、「問題回避の習慣」をもっています。

「問題を避けたり、嫌な感情や状況を避けるために行動する」

問題の解決や診断が得意だけど、

望まないものに意識がずっと向いています。

気がついたら、大事なことがわからなくなったり、

後回しになっていたり・・・

問題回避で動いていると「コルチゾール」が脳で分泌されます。

「ストレスホルモン」と呼ばれ、病気にかかりやすくなってしまいます。

習慣を変えることは、人生も変えます!

もし問題回避の習慣があるなら、

あなたも習慣を変え、人生を変えませんか?

「でも、どうすれば変えれるのか?」

こんなふうに思うかもしれません。

実はカンタンにあなたの意志で変えれるのが言葉です。

「言葉を変えれば、習慣も変わる!」

人は1日6万回思考しています。

目的志向の人は、目的志向の言葉が

問題回避の人は、問題回避の言葉が

思考は、見えないので、わかりません。

わかるのは、使っている言葉と行動です。

今日、あなたが使っている言葉と行動を観察してみてください。

目的志向か?問題回避か?

もし問題回避が強いなあと思われた方は、目的志向に変えてみてください。

自分が使っている言葉をずっと観察し、

変えていけば、心から望む人生が手に入ります。

そして、それはどんなあなたの幸せにつながりますか?

潜在意識に真の健康と豊かさをインストールする「ウェルネス・プログラミング」完全無料オンライン講座

☆完全無料オンライン講座の登録のためにメールアドレスを入力ください☆


☆今なら登録した方に本当の自分の"使命"に目覚めるウェルネス瞑想(1万円相当)を無料プレゼント☆

※メールアドレスは個人情報の観点より、プライバシーを遵守しております。
※ワンクリックでいつでも解除可能です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。