Special Contents 人の心を動かす伝え方

Special

HOME//人の心を動かす伝え方

“男性心理”と“女性心理”にもとづく<br />
「人の心を動かす伝え方」

“男性心理”と“女性心理”にもとづく
「人の心を動かす伝え方」

あらゆる人間関係の悩みが
スーッと消えていく

一度学べば、一生使える、自分の力で、自由に生きるためのスキルを身につけましょう。

“男性心理”と“女性心理”にもとづいた、あなたの本当の想いを言葉にして、あなたらしい人生を実現するためのスキルです。

  • どんなスキルが身につくのか

    【科学的に人の心を動かす伝え方の事例】
    ・「人の心を動かす」3つの絶対条件
    ・コミュニケーションのすれ違いをつくる“男性心理”と“女性心理”
    ・一瞬で女性の信頼を勝ち取る「話を聞く姿勢」
    ・自然と男性の味方が生まれ「誰からも好かれる」伝え方
    ・男性の敵をつくらない「コミュニケーションの極意」
    ・女性を味方につける「コミュニケーションの秘密」
    ・異なる意見の相手とも同調できる「魔法の言葉」
    ・誰もが素直に応じてくれる「アドバイス術」
    ・どんな相手に対しても「神対応」できる5つのルール
    ・不平や不満がなくなる「ルールの明確化」
    ・まわりが「自分で考えて動く」ようになる方法
    ・自信とやる気が芽生える「自己効力感」の高め方

    セッションでは、あなたの悩みに合わせて、最適なアドバイスを実行しやすい順番でお伝えします。
    期間中は、無料のメールカウンセリングで、回数無制限にサポートしますので、安心して身につけることができます。

  • 人を動かす3つの絶対条件を
身につけるには?

    人を動かす3つの絶対条件を
    身につけるには?

    人は、コミュニケーションの中で常に「安心感」と「自己重要感」を求めています。

    「自己重要感」とは、“自分は価値ある存在である”ことを実感したいという欲求です。
    つまり、相手に対して“自分には価値がない”と実感させるような言葉を投げつけてしまうと、その人の「自己重要感」を傷つけてしまい、「安心感」も奪ってしまいます。

    相手を否定するような言葉を使っていませんか?
    もし、思い当たることがあるなら、まずはそこを改善することから始めましょう。
    それが人を動かす3つの絶対条件を身につける第一歩です。

    【自己重要感を傷つける言葉】
    ・それは違う
    ・でも、やっぱり●●だよね
    ・間違っている
    ・全然ダメ

  • コミュニケーションのすれ違いをつくる“男性心理”と“女性心理”とは?

    コミュニケーションのすれ違いをつくる“男性心理”と“女性心理”とは?

    男性と女性では、優先すべき本能と感情が異なるため、コミュニケーションにすれ違いが生じやすくなります。
    まずは“男性心理”と“女性心理”の特徴を知り、どのような接し方をした方がいいのかを学びましょう。

    【男性心理】
    狩猟本能が優先されます。集団で狩りをするという習性が残っているため、「嫌われたら生きていけない」という思い込みが生じやすく、どうにかして人に気に入られようとします。

    具体的には、以下のような行動が挙げられます。
    ・仲間の機嫌をとる(ごますり、派閥争い)
    ・体力、知力、能力を実証する(自慢話)
    ・目の前の課題はすぐ解決する

    【女性心理】
    集団本能が優先されます。集団で生活をするという習性が残っているため、「忘れられたら生きていけない」という思い込みが生じやすく、どうにかして人に気にかけてもらおうとします。

    具体的には、以下のような行動が挙げられます。
    ・会話による情報の共有と収集(おしゃべり、ウワサ話)
    ・思いを伝え、分かち合う(心のふれあい、理解、なぐさめ)
    ・他人の世話をしたがる

  • どんな相手に対しても「神対応」できる5つのルールとは?

    どんな相手に対しても「神対応」できる5つのルールとは?

    人の心を動かす影響力・人望・信頼を得ている人が、自然と身につけているのがこの5つのルールです。

    あなたは、以下の5つのルールをいくつ実践できていますか?

    ①否定をしない
    ②気づかせる
    ③答えを教えない
    ④決めつけない
    ⑤正さない

    もし、この5つのルールをすべて日常的に実践できるようになれば、あなたの周囲には自然と多くの人が集まり、あなたの味方となってくれることでしょう。

    あなたから相談しなくても、「何か協力できることはないか」と向こうからお願いしてくるようになるかもしれません。

    まずは日常で、1日にどのくらい、この5つのルールを実践できているのかを振り返ってみてください。