Special Contents 人の心を動かす伝え方

Special

HOME//人の心を動かす伝え方

科学的に人の心を動かす伝え方

科学的に人の心を動かす伝え方

まわりが自然と味方になってくれる“私”になるコミュニケーションスキル

あなたのまわりに、こんな人はいませんか? 

・なぜか誰からも頼りにされている 
・「あの人の言うことだったら」と信頼されている 
・周りに助けられて、やりたいことを実現している 
・一緒にいるだけで、なぜか前向きになれる 
・話をするだけで、なぜかやる気がでる 

あなたも人の心を動かす伝え方を身につければ、まわりが自然と味方になって応援してくれるようになります。

日常のあらゆるシーンで、どのようコミュニケーションをすれば、人の心を動かすのかもわかるので、仕事、健康、お金、恋愛、目標達成などあらゆる面に効果があります。

  • どうすれば、身につけることができるのか?

    この科学的に人の心を動かす伝え方を身につけるためには、3つのステップがあります。

    「自分を知る」・・こじれやズレを生み出す思考のクセを知る
    「他人を知る」・・言葉と身体の使い方から、心理を知る
    「心を動かす」・・人の心を動かす伝え方を身につける

    私たちは気づかないうちに過去の経験・体験からつくられた思考クセをもっています。

    この思考のクセが自動反応的に、あなたがどのような言葉や身体の使い方をするのかを決めるので、人間関係のこじれやズレを生み出してしまうのです。

    だからこそ、自分と他人の思考のクセに気づくことができれば、人の心理もわかるようになるので、人の心を動かす伝え方もできるようになるのです。



    ※いつでもワンクリックで登録解除できます。
    ※個人情報保護の観点により、プライバシーを完全に保護いたします。
    ※メールが届かない場合は、迷惑フォルダに届いている可能性があります。

  • ステップ1「自分を知る」
こじれやズレを生み出す思考のクセを知る

    ステップ1「自分を知る」
    こじれやズレを生み出す思考のクセを知る

    <思考のクセの一例>
    •「こういう人であってはいけない」「こういう人になってはいけない」と思い込む
    •傷つくことや怒られることを避ける
    •「正しいか?間違っているか?」「善か?悪か?」「損か?得か?」判断する
    •「世の中の常識やルールに合っているか?」で選択する
    •「好かれるか?嫌われるか?」を気にする
    •「勝つか?負けるか?」で決断する

    あなたはこれらの思考のクセをもっていますか?
    その思考のクセをもったままだと、あなたの人間関係にどのような影響を与えますか?

    あなたの望む人生のためにも、自分の思考のクセに気づくことは、とても大切なことです。

  • ステップ2「他人を知る」
言葉と身体の使い方から、心理を知る

    ステップ2「他人を知る」
    言葉と身体の使い方から、心理を知る

    私たちの言葉と身体の使い方から、“動機づけ”、“判断基準”、“重要なこと”の心を動かす3つのポイントがわかります。

    この3つのポイントから、人の心理を知ることができます。

    “動機づけ”
    目的志向:目標や得たいものを重視する
    問題回避:問題やイヤなことを避け、後回しや先のばしをする

    “判断基準”
    自分基準:自分の考えや信念、感情や感覚にもとづき判断する
    他人基準:世間の常識やルール、期待、意見、評価にもとづき判断する

    “重要なこと”
    結果重視:客観的な実績や成果、目標達成を優先する
    感覚重視:人の気持ちや感情、人間関係を優先する

  • ステップ3「心を動かす」
人の心を動かす伝え方を身につける

    ステップ3「心を動かす」
    人の心を動かす伝え方を身につける

    人の心を動かすには、言葉や身体の使い方などのスキルよりも重要な、2つの絶対条件があります。

    それは人がコミュニケーションの中で常に求めている「安心感」と「自己重要感」を満たすことです。

    「自己重要感」とは、“自分は価値ある存在である”ことを実感したいという欲求です。

    つまり、相手に対して“自分には価値がない”と実感させるような言葉を投げつけてしまうと、その人の「自己重要感」を傷つけてしまい、「安心感」も奪ってしまいます。

    相手を否定するような言葉を使っていませんか?
    もし、思い当たることがあるなら、まずはそこを改善することから始めることが大事です。

    その上で、人の心理にもとづく、心を動かす言葉と身体の使い方を身につけることによって、人間関係の悩みを解消し、自分らしく自由に望む人生を叶えていくことができます。

    【相手を否定する言葉の一例】
    ・それは違う
    ・でも、やっぱり●●だよね
    ・間違っている
    ・全然ダメ

  • 「人の心を動かす伝え方」無料オンライン講座



    ※いつでもワンクリックで登録解除できます。
    ※個人情報保護の観点により、プライバシーを完全に保護いたします。
    ※メールが届かない場合は、迷惑フォルダに届いている可能性があります。