与えることは最高のコミュニケーション

こんにちは!

ウェルネス・プログラマーの大塚です。

今日のテーマは

与えることが最高のコミュニケーション

これについてお伝えします。

このタイのCMを見たことがありますか?

<日本語訳>

これはタイの貧民街の一角での話です。

女の激しい罵り声が聞こえます。

「こっちにおいで泥棒!見せな!何盗んだんだい!」

見ると雑貨屋の店先に引きずり出されたのは10歳にも満たない少年でした。

その少年は、盗みを働いていました。

「これで何するつもりだったんだい?言いなさいよ!はっ?」

雑貨屋の女主人は少年に詰め寄ります。

「母さんが・・・。」

少年は今にも消え入りそうな声でうつむきます。

その時です。

「ちょっと待った・・!」

二人の前に現れたのは、この界隈で働く一人の男でした。

男は女主人が持っている少年の盗品を見つめます。それはいくつかの薬でした。

男はうつむいたままの少年をのぞき、こうたずねました。

「お母さんは病気なのか?」

少年はうつむいたまま、こっくりとうなづきました。

男はポケットからお金を出すと、そのまま女主人へ渡しました。

「もうするんじゃないわよ!」

吐き捨てるように言って、立ち去る女主人から、薬を受け取ると、男は大きな声で、背後にいた幼いひとり娘に向かって叫びました。

「おい、野菜スープを!!」

そして娘が慌てて持ってきたスープの入った袋に薬を詰め込むと、男はそのまま少年に渡します。

ずっとうつむいていた少年は、ゆっくり顔をあげて、袋越しにこの男を見上げます。

まるで睨みつけているようです。

そして袋を掴んだかと思うと、全速力で走り去りました。

少年の後ろ姿に優しい目を送りながら、無事を祈る男は、すぐそばにあるちっぽけな食堂の主でした。

この男は、大して繁盛もしていないにもかかわらず、この界隈ではとても哀れみ深い人と知られる、心優しい人なのでした。

30年後

時が流れ、30年が過ぎます。

初老となった食堂の主人は、相変わらず店頭に立ち働き詰めです。

大人になった一人娘も父親と一緒に店を切り盛りしていますが、店は相変わらずぱっとしません。

ある日、物乞いが立っているのが、娘の目に映りました。

いつもの光景です。

娘は以前から、父の必要以上のあわれみ深さをうとましく思っていました。

でも、仕方ありません。

「パパ!」と娘から告げられた父親は、いつものように優しい笑みを浮かべ、こういって物乞いに声をかけます。

「これ持ってきな。」

その時です。

ゆっくりと床に崩れ落ちていく父親の姿を娘の目がとらえました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

緊急入院で、一命はとりとめたものの、父は昏睡状態です。

何日も何日も夜通し付き添い、容態を案じる娘に、突き出されたのは、高額の治療費でした・・・。

792000バーツ。

日本円にして2百万円をゆうに超える大金です。

そんなお金など、どこにもありません。

そしてあろうことか、担当医のアルートン先生からの告知が追い討ちをかけます。

「経過が良くありません。お父さんを助けるには手術が必要です。」

娘は目の前がまっくらになりました。

「先生、もう治療費もありません。」

「あなたにはむごい要求かもしれませんが、医者として見過ごすわけにはいかないのです。」

先生の言葉に看病で疲れ果てた娘はやつれ切って言葉も出ません。

「費用については当院の会計事務局に相談なさってください。

私からも精いっぱいの配慮がかなうよう伝えますから。」

そういう先生に娘は静かに顔を上げ、意を決した様子で告げました。

「アルートン先生、お金は何とかします。

ですから万全の手術をお願いします。父を救ってください!」

娘の最後の気力を振り絞った言葉です。

「どうなさるおつもりですか?」

「店を・・・、店を手放します。」

「店?」

「はい、もう30年以上も前から細々とやってる食堂です。

いくらにもならないかもしれませんが売るしかありません。」

「近くにあるんですか?」

「隣町の2番街の裏に…。」

「2番街の裏?」

そこが貧民街である事はアルートン先生も知っていました……。

が、どうすることもできません。

「とにかく医者として全てを尽くすことをお約束します・・・。」

そう応えるのが精一杯でした。

貧しい一家の唯一の財産である店を売りに出した娘・・・。

手術の成功後にわかった奇跡のめぐりあわせ

手術は無事成功しました。

疲れ果てた娘が父親のそばで居眠りをしたときのこと、ふと目を醒ますと手元には一通のメモが置かれていました。

治療費要項と書かれています。

「何・・・?」

おもむろに目を通すと娘は自分の眼を疑いました。

そこに書かれている治療費総額は手術代含め

「計0バーツ」

792000バーツが消えています。

「どういうこと?」

そして娘は末尾に書かれた信じられない文字を目にするのです。

すべての費用は30年前に支払い済み。

三つの鎮静剤、及び野菜スープによって。

「・・・・・・・・・・・・?

30年前・・・? 野菜スープ・・・?  鎮静剤って・・・?」

娘は遠いのあの日に思いを馳せます。

あの時の光景がゆっくりと浮かんできます。

女主人のかん高い怒鳴り声・・・

薬と野菜スープを差し出す父、

うつむいた少年・・・・。

「少年?」

娘は、はっと顔を上げます。

そして最後の一行を目で追いました。

その瞬間、感激のあまり娘はとめどなく涙が溢れました。

そこには書かれていたのは、奇蹟の一行だったからです。

心よりの敬意を

Dr.プラジャーク・アルートン

30年前の遠い記憶に向かって全ての謎が解けていきます。

娘は震える手で神様のメモを抱きしめ、父の枕元で号泣のまま言葉にならない声でいいました。

「パパ・・。アルートン先生は、あの時の少年だったわ。」

アルートン医師は娘と接し、「もしや・・・」と調べたのです。

そしてそれは的中しました。

「30年前のあの時のおじさん・・・。」

少年は、今やタイ国の貧しい人々に慕われる、あわれみ深いことで、有名な医師となっていたのでした。

幼き頃に授かった恩を人生の糧として、生きていたのです。

すべての費用は30年前に支払い済み。

三つの鎮静剤、及び野菜スープによって。

心よりの敬意を

Dr.プラジャーク・アルートン

思わず涙があふれる感動のCM

このCMを始めてみたとき涙があふれました。

与えることが最高のコミュニケーション

こう思ったときに再び出会い、一番そのことが伝わるエピソードだなあと思ったで

日本語訳とともにご紹介します。

ぜひ週末に一度見てみて、あなたが思う与えることも、ぜひやってみてくださいね^^

『愛されキャリアデザイン』個別相談・コンサルティング

自分だけの魅力を活かし、自分らしい仕事で生きる『愛されキャリアデザイン』
あなたも”本来の自分のまま”で、ベストキャリアを引き寄せ、仕事でもプライベートでも愛され続ける未来を叶えませんか?

個別相談・コンサルティングの体験セッションの申し込みはこちら

<<ウェルネス・プログラマー:大塚寛子>>

■潜在意識に “本来の自分”をインストールするウェルネス・プログラマー

■父親が10歳のときにガンで亡くなり、学歴社会、20年の外資系企業を男性性で生き抜いたキャリアウーマン

■母親もガンで亡くなり、自分も病気になったことがきっかけで、女性性を受け入れて、本来の自分を取り戻し、トランスフォーメショナルコーチに転身する。
(のべ500人以上にコーチングを提供)

■女性性の否定をやめて“愛されキャリア”ד愛されコミュニケーション”ד愛される心”の3つを手に入れることで、仕事でもプライベートでもずっと愛され続ける未来を叶える『愛されキャリアデザイン』を体系化する。

『愛される自分ブランドのつくり方』完全無料オンライン講座

☆完全無料オンライン講座の登録のためにメールアドレスを入力ください☆


☆今なら登録した方に本当の自分の"使命"に目覚めるウェルネス瞑想(1万円相当)を無料プレゼント☆

※メールアドレスは個人情報の観点より、プライバシーを遵守しております。
※ワンクリックでいつでも解除可能です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。