Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//まわりの人間関係があらわすものとは!?

自分ブランド(ブレない自分軸のつくり方)

まわりの人間関係があらわすものとは!?

あなたはまわりの人間関係をどのような感じていますか?


人は嫉妬したり、羨んだりすることが多々あり、

それをコントロールするのが難しかったりします。

このことは、まわりとの人間関係にも直接インパクトがあります。

 

 

小林正観さんの『き・く・あの実践』を知っていますか?

『競わない・比べない・争わない』

これが実践できたら素晴らしいですね。

 

 

なぜ、この言葉が響く人が多いのか?


そうです。

そうなんです。

ついつい競ったり、比べたり、争ったりしてしまう人が多いからです。

本人は大丈夫でも、周りにそのような人が多いように思いませんか?

 

私自身も、以前、ついつい競ったり、比べたり、争ったりしてしました。、

(今はそんな私も受け入れ、愛するようにしています。)

どうしても、人は何かと比べがちです。

比べるから、競ったり、争ったりするのです。

だから、人によって、さまざまな人間関係があります。

 

 

私も以前、アメリカ企業に勤めていた時、

あまりにも競ったり、比べたり、争ったりしている人間関係で、とても疲れていました。

 

出世は、勝ち負けの競い合い。

噂は、常に誰かと誰かを比べて、悪口の言い合い。

社内の覇権は、勢力の争い合い。

 

『競わない・比べない・争わない』に出逢って

出世をあきらめ、噂をせず、勢力に入らず・・・

自分の意思を貫いていたら、リストラで辞めることになりました。

 

辞めた時は、とても辛く、

「しなやかに強く生きればよかった・・・」と後悔しました。

でも、わかったんです。

 

どのくらい私がまわりに影響を受けて、本来の自分とは違う自分でいたのか。

そうかなり無理をしていたんです。

 

最初は、人間関係を維持するために、まわりに合わせて『競う・比べる・争う』をしていました。

自分の感情とは別に、無理に見て、感じて、聞いていました。

それが私にとってかなり無理だったので、とても疲れていました。

 

反動で私がとったのは『競わない・比べない・争わない』でした。

全く自分の感情を無視して、見ない、感じない、聞かないようにしていました。

だからまわりとの人間関係も、距離ができてしまいました。

 

人間関係は「鏡の法則」!?


まわりとの人間関係は、実は、本来の自分との人間関係だったりします。

「鏡の法則」ですね。

 

まわりと『競う・比べる・争う』ことは、本来の自分と『競う・比べる・争う』ことです。

結局、私は、今の自分と本来の自分のギャップを比べ、勝ち負けを判断し、悪口を言ったりしていたんです。

 

まわりと『競わない・比べない・争わない』ことで、私は自分の感情を無視し、本来の自分と距離をとりました。

私は、心から『競わない・比べない・争わない』でいることができなかった。

だからまわりとの人間関係も、距離ができてしまいました。

 

どちらも、本来の自分との関係ができていなかった。

だから、周りとの人間関係もできていなかった。

 

今の周りとの人間関係が、本来の自分との関係なら、どんなことに気づきますか?

 

どんな人間関係であっても、意味がある・・・

日常にあふれている、意味あるものをもっと知れば、もっと人生は豊かになりませんか?
SHARE
シェアする
[addtoany]

ブログ一覧