Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//「しっかりして欲しい。」という思いは相手を否定する!?

自分ブランド(ブレない自分軸のつくり方)

「しっかりして欲しい。」という思いは相手を否定する!?

しっかりして欲しいが自己否定になる!?

「しっかりして欲しい。」という思いは、相手を不幸にする!?


「あなたはしっかりしているから、 お母さんは安心だわ。」


「しっかりしているから 安心して仕事が任せられる。」


この2つは、私が母親と仕事の上司から よく言われていた言葉です。


 

「しっかりして欲しい。」と求めることは、 相手のありのままを否定していると知っていますか?


 

「しっかりしていないと、 安心できない。」という思いが隠れているからです。


そこには「しっかりしていないと、ダメだ。」という相手のありのままを否定している思いもあります。


つまり、言われた側は、ありのままを否定されているので、不幸にしてしまうのです。




ありのままを否定されると、相手は自己否定が強まる!?


父親を早くに亡くした私は、幼い頃からずーっと呪文のように「しっかりしなきゃ。」と自分に言い聞かせていました。

母親が望む「しっかりして欲しい」という期待に応えようとしていたのです。

そしていつしか、 しっかりしていない自分、 弱い自分を他の人に見せれなくなっていました。







いろいろな状況、出来事の中で、しっかりできている時もあれば、そうでない時もあります。

「しっかりして欲しい」にとらわれ、私はしっかりしていない自分を自己否定するようになったのです。


はじめは単なる母親のちょっとした願いの言葉からでした。

しかし、子供にとってはそれは絶対的な命令のように捉え、親の期待に応えようとしていしますのです。




あなたの言葉があなたを形づくる!?


あなたは母親から幼いころ、どんな言葉をよくかけられていましたか?



そしてその言葉どおりの自分になっていませんか?


この「しっかりして欲しい」のように幼いころ親からどんな言葉をよくかけられていたのか。

そのとおりの自分になろうと子供は無意識のうちに努力するので、言葉どおりの自分になっていることがとても多いです。


それは自分にとっては、当たり前のようになっているので、1人で気づくことはできません。


今もし、何かうまくいっていない、努力してもうまくいかない。

そんなふうに感じるなら、一度、自分がよく使っている言葉をすべて書き出してみてください。

その言葉があなたを形づくっているからです。



「しっかりして欲しい。」という呪文からの解放されるとどうなるのか?


私が30年以上、母親から求められていた「しっかりして欲しい。」という思い。

私は、母親の死後、この「しっかりして欲しい。」という呪文から文字どおり解放されました。


私自身、何度も自分に解放ワークを行うことで、解き放たれました。

そこに時間とお金をかけて、解放していきました。


今、私は「しっかりしていてもいいし、しっかりしていなくてもいい。」どちらの自分もそのままでOKだという自己受容ができるようになりました。

おかげで人間関係がうまくいくようになっただけでなく、肩こりも楽になりました。

人知れず、肩肘を張っていたから、緊張のため肩こりになってしまっていたのです。


自己否定がなくなると、ストレスがなくなるので、とても楽です。

もし、自己否定が強いと少しでも感じるなら、まずあなたの言葉を見直してみてください。

ご質問・ご相談などあれば、お気軽にお問い合わせください。
SHARE
シェアする
[addtoany]

ブログ一覧