Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//自分の集中を邪魔するパターンとは?

自分ブランド(ブレない自分軸のつくり方)

自分の集中を邪魔するパターンとは?

今日のテーマは
「自分の集中を邪魔するパターンとは?」
これについてお伝えします。

 

あなたの集中を邪魔するパターンは何ですか?


あなたは普段、どのくらい集中できていますか?

私たちが一つのことにいつまでも集中できる。

そんな環境をつくることは、実はとても大事です。

 

でも、意外に私たちの集中を邪魔するパターンに気づいていないことが多いんです。

気づかないまま、気がついたら時間がなくなる。1日が過ぎてしまう。

過去の私もそんなふうに集中力が散漫でした。

集中できていない時は、1時間かかる仕事に1日かけてしまうこともありました。

 

今、あなたの集中を邪魔しているパターンは何ですか?


自分で自分自身のことを邪魔するパターンというのは、どんなことがあるでしょうか?

例えば、

・ついついスマホを見てしまう

・ついついテレビをつけてしまう

・うっかりお菓子を食べてしまう

こんなふうにいろんなことがあるかもしれないです。

 

まず大事なのは、今を知ることです。

・自分のことを邪魔してるものが何なのか?

・集中力を途切れさせてしまうものが何なのか?

 

「あ、今、集中力が切れた。」

こんなふうに感じる時、何が原因で集中力がとぎれたのか?

まず、一度、振り返って、チェックしてみてください。

 

どうすれば、集中力を継続できるのか?


あなたの集中を邪魔しているパターンがわかると、集中力を継続させる方法は実はとってもシンプルです。

その方法とは、邪魔されにくい環境をつくることです。

 

例えば、家に帰ったらついついテレビをつけてしまう。

もし、そうであるならば、テレビをつけることを面倒なものにしてしまうんです。

 

テレビをつけるために、今、どういう行動をとっているのか?

ほとんどの人は、テレビのリモコンでスイッチを入れているのではないですか?

そのリモコンは、いつもどこにありますか?

 

おそらく、家に帰った時に、あなたがいつもいる場所に、置かれているのではないですか?

テーブルの上にあるリモコンのスイッチをついつい押してしまう。

だからテレビをついついつけてしまう。

こういう環境になっているのであなたを邪魔しやすくなっているんです。

 

だからテレビのリモコンを取りにくい場所に置くだけで全然違ってきます。

引き出しの奥に入れておくとか、わざと別の部屋に置いておくとか、さらに引き出しに鍵をかけるとか。

リモコンを取り出すのがめんどくさくなればなるほど、テレビをつけるのがおっくうになります。

だからあきらめてしまったり、テレビをついついつけるっていう惰性がなくなっていくんです。

 

これ、スマホも同じです。

私もついついスマホを見てしまっていたので、今はかばんの中に入れています。

今までだったら、机の上に置いていたので、スマホをちらっと、すぐ見ることができる。

でも、かばんの中にだったら、かばんを取って、中から出して、さらにスマホを広げる。

こんなふうに、すぐにその行動ができなくすることによって、集中力が邪魔されなくなっていきます。

 

このあなたの集中を邪魔する力を弱めていく。

これができればできるほど、いろいろなことができるようになります。

集中力が継続するだけでなく、時間のゆとりができる。

だからリラックスすることもやりたいことをさらにすることもできるんです。

だからあなたも集中力を邪魔するパターンをかけてそんな変化や好循環を楽しんでくださいね^^
SHARE
シェアする
[addtoany]

ブログ一覧