Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//魂が欲している使命の探し方

自分ブランド(ブレない自分軸のつくり方)

魂が欲している使命の探し方

「自分の"使命"、ライフワークって、何ですか?」


これについては、もうすでに気づいている人も、これからの人もいるかもしれません。

意外に間違いがちなのが、「"使命"、ライフワーク」=職業として探してしまうことです。

 

"使命"、ライフワークは、自分らしさを生かした人生をかけてやりたいことです。

自分の情熱の源泉とも、やるだけでワクワクしたり、幸せを感じたりするとも言われます。

 

つまり、感情を感じるもので、一つではなく、複数あることもあります。

だから「"使命"、ライフワークって?」と考えてもわかりません。

感情は、考えるものではないからです。

 

"使命"は時間をかけて、探さないと見つからないのか?


"使命"については、見つけるのに時間がかかると思っている方もいるかもしれません。

私自身も、探して、考えていた15年間はわかりませんでした。

私が個人カウンセリングをした人も、10年考えて、探しても見つかりませんでしたという人もいました。


本当に"使命"は、時間をかけて、探さないと見つからないのか?


 

実は"使命"、ライフワークは、手順に従って、思い出せば、見つかります。

ただ知らないで、探したり、考えたりするから、見つからないのです。

自分の心が何を望んでいるのかを思い出すだけです。

 

自分の心が何を望んでいるのかを1人で探すとはまる落とし穴とは!?


実は、自分1人で探そうとすると、落とし穴にはまることが多いのです。

その理由は、たいていの場合、過去の経験に引きずられるからです。

またまわりから望んでいることを優先してしまい、自分の心が望んでいるのがわからなくなっている人も多いです。

 

最近、個人カウンセリングをした人が言っていました。

 

ワーク前は・・

「私、大勢の人がいる場に行くのが好きではないのです。
人と話をするのが苦手なんです。

今まで会社の人間関係でうまくいったことがないので・・・」

 

ワークの後は・・

「私、誰かに話を聞いてもらいたくて、お店の店員と話すのが今、とっても楽しかったことに気づきました。

人の役に立つ仕事をしたいので、一人でやるしかないと思っていましたが、会社でもいいんですね。」

 

人間関係でうまくいったことがない経験から、人を接するのが苦手という意識を持っていました。

だから、人と話をするとき、実はとっても笑顔になっていることに、本人も気づいていなかったんです。

心は、人と話をすることは喜んでいたんです。

苦手だったのは、以前の会社の人々だったんです。

 

こういうふうに多くの場合、私たちは過去に振り回されて生きています。

そろそろ過去にとらわれるのをやめませんか?

1つ1つ丁寧に自分の心の声を受けとめ、魂が欲している"使命"を見つけて、毎日ワクワクして充実した生き方を探してみてくださいね^^
SHARE
シェアする
[addtoany]

ブログ一覧