仕事がつらい?楽しい?それはたった1つの違いだけ!

こんにちは大塚寛子です。

同じ環境、似た仕事をしていても、

つらいと感じる人もいれば、

楽しいと感じる人もいます。

その仕事はつらい?

それとも楽しい?

f:id:hiro-orih7:20171209013422j:plain

違いを生み出していているのが、

思考だとご存知ですか?

仕事がつらいと感じる時、

それは環境やまわりの人だったり、

仕事そのもののせいだと

思っていませんか?

私自身、仕事は

ずっとつらいと感じていました。

ずっと忙しく働いていたので、

労働環境が悪いとか、

人が少ないせいだとか、

仕事量が多いだとか

思っていました。

起きている現象だけを捉えて、

不満ばかり言っていました。

そして、何度か転職をしました。

不思議なもので、

より良い環境、仕事、人を

求めて転職したのに

同じつらさを転職先でも感じ続けました。

そして、転職先でも、

同じ環境、仕事、人なのに、

仕事を楽しいと

感じている人もいたのです。

つまり、何をつらいと感じ、

何を楽しいと感じるか、

それはそれぞれの人が持つ基準によります。

「つらい?」のは、どんなところなのか?

「楽しい?」のは、どんなところなのか?

セッションしていてわかるのが、

それぞれ幼い頃に感じたことを

大人になっても感じていることです。

「??」

幼い時に「つらい」と感じたことは、

大人になった今も

「つらい」と感じるかというと、

実はそうでもないことも多いです。

でも、感情を感じている人は、

気づかず、何年も、何十年も

感じていたりしています。

人は「楽しさ」よりも、

「つらい」という感情のほうが

感じやすく、覚えています。

本当は「楽しさ」も感じているのに、

 「つらい」思い出ばかりと思いがちです。

だから、セッションでは

「つらい」の意味づけを確認し、

今の自分に合わない意味づけは、

徹底的に変えていきます。

「本当に、本当につらいの?」

「それは誰が決めたの?」

「いつもそうなの?」

たいていの場合、

「つらい」は思い込みがほとんどです。

質問で、思い込みを確認し、

思い込みを変えていくと、

出来事の本質が見えて、変わります。

すると仕事が

「つらい」から

「楽しい」に変わることも、

全く別の感情に変わることもあります。

最近セッションした人は、

仕事はいろいろなことを

気づかせてもらえるので、

「感謝」に変わりました。

この状況や出来事の本質を

捉えることはとても大事です。

一度身につけておくと、

状況や出来事の本質を知り、

本当の意味を捉えて行動できます。

すると、ストレスが

どんどん無くなっていきます。

もし、今、何かに「つらい」と

あまりにも多く感じるなら、

それは意味づけを見直す時期かもしれません。

あまり「楽しい」を感じていないなら、

それもまた意味づけを見直す時期かもしれません。

あなたが今、変えたいことは何ですか?

魂の解放プログラミング
☆完全無料オンライン講座☆

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。