「これはムリかも・・・」と自分で限界を決めるのを辞める方法

こんにちは!ウェルネス・プログラマーの大塚です。

今日のテーマは「限界を突破する方法」これについてお伝えします。

なぜ、自分で限界を決めてしまうのか?

わたしたちは、知らずのうちにいろいろな形で、自分で限界を決めてしまっているのをご存知ですか?

「これはムリかも・・・」と感じるとき、ほとんどが自分で決めてしまっています。

そして、その限界を突破するのが、難しいと感じたことありませんか?

誰かが決めたわけでもありません。

本当にムリかも実際はわかりません。

でも、現実にわたしたちは、勝手に限界をきめています。

1 周りの人や世の中からどう思われているか(先入観)

2 世間的な常識をうのみにしてしまった限界

3 過去の体験の記憶から作ってしまった限界

特に1と2は今まできづいていません。

疑ったことがない限界も多くあるかもしれません。

今まで「これはムリかも・・・」と感じたことは、ホントに本当でしょうか?

どうすれば、自分で限界を突破できるのか?

実は、自分で限界を突破する方法は、カンタンです。

なぜなら、限界つくっているのは自分だからです。

「これはムリかも・・・」と感じることを、自分に問いかけてみてください。

「それは誰が決めたのか?

それはホントに本当なのか?

本当にそれでいいのか?」

私自身、最近、うまくブログが書けず悩んでいました。

一人で「できない〜〜!」と、叫んでいました。

そして、この自分で限界をつくっていることを思い出して、自分で限界を外してみました。

「おや?待て、待て?自分で限界つくっている!」

「自分で書けないと決めつけていた。

ブログは書けないわけじゃない。今まで書いてきた。

ブログは必要だから、書く。」

自分で「書けない!」→「書ける!」へ意識を変えました。

自分で問いかけることで、意識が変わると、行動が変わります。

「どうやったら、書けるか?」

こういうふうに書くための行動を導く質問が自動的に出て、なんと、自然に書けちゃいました!

「あの落ち込みはどこに??」

自分でもビックリ!でした。

コツをつかめば、限界は自分の言葉ですぐに外せます。

魔法のように自分の言葉には威力があります。

世界の成功者もひっそりやっている目標の立て方とは?

「それは誰が決めたのか?

それはホントに本当なのか?

本当にそれでいいのか?」

ビジネス、人間関係、ライフワーク、これらを自分に問いかけながら、私が知らず知らずに持っていた自分の思い込み、制限を外して、新しい目標をつくっていきました。

そうすると、みるみるうちに思い込みが変わり、制限が外れることで、どんどん突拍子もないものの、ワクワクする目標が出てきました。

この望むものをどんどん引き寄せる限界の作り方には、秘密があります。

それは本当に心の底から望んでいることを自分の中から見つけ出すことなんです。

自分の心の底から出てくる思い、言葉は、とっても大事なあなたのサインです。

これは世界の成功者もひっそりやっている目標の立て方です。

あなたも自分を愛する心で、心の底から望む目標が何なのか?

心の声を聞いてみて、理想の未来を叶えてくださいね^^

『自分ブランドのつくり方』個別相談・コンサルティング

自分だけの魅力を活かし、自分らしい仕事で生きる『自分ブランドのつくり方』
あなたも”本来の自分のまま”で、ベストキャリアを引き寄せ、仕事でもプライベートでも愛され続ける未来を叶えませんか?

個別相談・コンサルティングの体験セッションの申し込みはこちら

<<ウェルネス・プログラマー:大塚寛子>>

サービス業に関わる企業ブランドのコンサルティングを15年経験し、ブランディングと人事2つの実績と経験をもとに、働きがいのある組織&人財コンサルティングを8年行ってきたウェルネス・プログラマー。

自分ブランド×コミュニケーション×心(メンタル)3つのトータルブランディングで、差別化された自分ブランドつくりをサポートし、売り上げ2倍を実現する。

現在は、会社員、ベンチャー企業の経営者や個人起業家に向けに自分の生きる使命を明らかにし、自分だけの魅力を生かしたベストキャリアを構築する個別コンサルティングを行なっている。

『自分ブランドのつくり方』完全無料オンライン講座

☆完全無料オンライン講座の登録のためにメールアドレスを入力ください☆


☆今なら登録した方に本当の自分の"使命"に目覚めるウェルネス瞑想(1万円相当)を無料プレゼント☆

※メールアドレスは個人情報の観点より、プライバシーを遵守しております。
※ワンクリックでいつでも解除可能です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。