Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//誰かと比べたとき「自分らしさ」も 見失っている!?

お知らせ

誰かと比べたとき「自分らしさ」も 見失っている!?

誰かと比べたとき「自分らしさ」も見失っている!?


誰かと比べたとき「自分らしさ」も
見失っていることってないですか?

私が会社に勤めていたとき、
ずっと周りと比べていました。

会社の同僚、大学の友人などに
負けないよう、認められるよう
がんばり続けました。

資格を取ったり、
本やセミナーで勉強したり
必死でがんばっているとき
とてもやりがいがありました。

だから頼まれる仕事も
どんどん引き受け、残業、残業・・・

仕事の業績も上がり、残業代も入り
一見、まわりから見たら充実した日々でした。

しかし、私はあまりにも多い仕事量で
ただ、仕事をこなしていく日々でした。

 

何のために仕事をしているのか?

自分が本当は何がしたいのか?

それすらも、わからなくなったとき
アメリカのリーマンショックで、
仕事をクビになりました。

 

当時、人手不足の日本の支社では、
残るも、去るも、どっちもイバラの道・・・

アメリカの本社の至上命令で
一律、10%の社員削減でした。

ただ、私は選ぶこともできず、
強制的に去らざるをえなくなりました。

ポカーンと穴があいたように
仕事を失ったとき
私は気づいたんです。

がむしゃらに働くことを
会社のコマのように働くことを
本当はしたくなかったんです。

まわりと比べ、負けたくない
認められたいと思ったとき
「自分らしさ」を見失っていたんです。

 

何のために仕事をしているのか?

自分が本当は何がしたいのか?

私は、「自分らしさ」を
大事にしたいと思いながら、
何が「自分らしさ」なのか?

これを明確にしていなかったんです。

 

「自分らしさ」が明確でないと、迷路にはまる!?


私はそのとき、そのときに感じる感覚で

「これは自分らしい。」

「これは自分らしくない。」

などと場当たり的な判断をしていました。

そして、まわりの期待にも
応えようとがんばっていたのです。

 

今思えば、ずっと誰かと
比べてきた人生でした。

幼いころは、兄と、同級生と・・・
会社に入ってからは、同僚と・・・
独立してからは、起業仲間と・・・

誰かと比べるのをやめ、
「自分らしさ」とは何か?と向き合う。

 

これなくしては、どんどん
「自分らしさ」と真逆の方向に
いってしまうことも多々あります。

だからこそ私は、「自分らしさ」を
180問の禅問答で確認していきました。

禅問答を繰り返し、
自分を知ることで、
「自分らしさ」の基準を
明確にしていきました。

そして、「自分らしさ」の基準で
動くようになったとき、
全てがうまくいくようになりました。

誰かに批判されても、問題がおきても
「自分らしさ」の基準に
あってるか、あっていないかで
シンプルに判断できるようになったのです。

そして、どんどん嬉しいことや
好きな人がまわりに集まってくる
ようにもなりました。

この180問の禅問答は
ライフコーチングで使っています。

だから「自分らしさ」の
基準が明確になるため
参加者もどんどん同じ結果を出しています。

潜在意識にアプローチして
答えるだけで思い込みも
変えてしまう180問の禅問答のおかげです。

あなたは、今、誰かと自分を比べて
見失っていることってないですか?

本当は何がしたいのか?

そして、あなたは未来のために
今、何を選びますか?

あなたも「自分らしさ」を明確にして
夢をスーッと現実に引き寄せたいなら
ぜひ、一度、お問い合わせください。
SHARE
シェアする
[addtoany]

ブログ一覧